スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| Top↑

劇場版ワンピース07

「ワンピース劇場版-エピソードオブアラバスタ-砂漠の王女と海賊たち」昨日観てきました。
激動のアラバスタ編とゆうことで…非常に期待と不安が入り乱れた感じで行ったのですが。
ん…ね?言いたいことはわかるよね?ね?
|i|ii○| ̄|_ii|i|
サンジvsボンクレー戦は非常にかっこよかったです。画的に。
テンポよくて、その割に急いでる感じもなくてそこだけは満足。
他のゾロナミウソッチョ戦はダイジェスト感が否めなかった気がする。
あとはもう最初から分かってたことだけどはしょり感がね、あれだけ長かったシリーズを1本にまとめるんだから多少不要な部分を削るのはしょうがないとは思うんだけど、なんでそこを省くかなーってゆうのが多かったです。
最大にそう思ったのはビビちゃんがボンちゃんに対して仲間の印を見せてってゆうところ。
映画だけ見てたら×印と包帯と二重にまでしかけた仲間の印を活用しないままで単なる用心にしかならなかったわけで…
それでああもラストシーンに使われても何も感じないわけで。
そこは最高にショックでしたね。
だってあそこ、ゾクゾクしましたでしょ?
ボンちゃんが化けたウソップが「その鳥はもうだめだ」って言ったり当たり前に仲間の印として包帯見せてきたりそらぁ恐怖感が満載の演出だったじゃないか。
ぼかぁがっかりだよ・・

あとはサンジがサングラスしてたなぞとかね。
Mr.プリンスがないのならあのサングラス無意味すぎる・・
まぁわかってたけど。Mr.プリンスがないのはわかってたけど。
今回麦藁一味はほんと脇役だったからそんなサンジがサングラス外したときの一演出なんてむしろなくてよかったんだけど…
だったらなぜサングラスをかけてたのかと…謎だ。
最初のボンちゃんとの遭遇シーンもなんでサンジだけ顔触らせないとか。
あと顔アップのときと他との絵荒れのギャップがどうしていいかわかりません。
はさみの上に乗ってるシーンのナミさんなんかどこがなんなのかさっぱりわかりませんでした。笑
ナミさんとサンジは髪がすぐパサツキますね。

超カルガモ部隊もあぁだすならなかったものにしちゃった方がよかったんじゃないのかな。
いろいろなかったものにされてるのもあるんだから…
あんな「あなた達来てくれたの!」みたいに出されても「おまえら誰だよ!w」みたいなね、そんな感じが否めなかったです。

まぁとにもかくにも原作なりアニメなり本筋のストーリーを知ってる人に向けての劇場版だったなーと。
オリジナルのストーリーより安心感はありましたけど・・こんなはずじゃない!ってゆうのがない分安心しては見れましたけど、どうなるの?これ…どうなるの!?ってゆうハラハラドキドキワクワクは皆無でしたね。
原作を好きな人が名シーンをちょっとだけ迫力ある感じで見たい、ってゆう感じでした。

・・で。イガラムは?

| Top↑

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。